2012年 08月 23日 ( 1 )

光のアートPart5ラスト

a0251116_20573882.jpg

Part5ラストは、3点をご紹介します
先ずは、プラプラックスさんの≪イソムシの標本≫です
床に置いてある石の観察から始まり、その石の個性を感じながら引き出しに入れると、イシムシが登場します
CarlZeissPlanarT*1.4/50mmZK
a0251116_20582155.jpg

こちらは、hiroyuki MORIKAWAさんの≪Tea for Angel≫です
手をかざすと影の部分だけ光を放します、光と影の競演
ハニーは体をかざしました^^;
a0251116_2058338.jpg

最後は、言葉も無く見入った作品です
ryota KUWAKUBOさんの≪10番目の感傷(点・線・面)≫です
「どこの家庭にもあるような日用品が配置されています。その間に光源を付けた鉄道模型のレールが敷かれてあり、そこを鉄道模型ライトを点灯して走っていきます。電車のライトに照らし出された影は、大きく部屋の中に広がり、それら日用品の普段の姿とはちがった様子で投影されます。この作品は観る人の記憶に働きかけて、いろいろな解釈をもたらすように作られています。あなたにはどのように見えますか。」
感動の一言です^^
a0251116_2105082.jpg
a0251116_2111530.jpg
a0251116_2113314.jpg


私個人は、≪Air's song≫≪10番目の感傷(点・線・面)≫がとても印象に残りました
特に>≪10番目の感傷(点・線・面)≫感性をマニュアルで表現した最高傑作と思います

皆さんにも観ていただきたいと思う展示会です
[PR]
by torihatabo | 2012-08-23 20:57 | 写真 | Comments(0)